適したごぼう茶の選び方は?

適したごぼう茶の選び方は?

適したごぼう茶の選び方として、まずは国産の製品を購入するようにしましょう。

 

現在では様々なメーカーからごぼう茶が販売されており、その中には中国産の製品も混じっております。

 

中国産のごぼう茶が全て悪いと、一概に決め付けることはできませんが、日本では許可されていない農薬が使われている可能性があるのです。

 

余計な化学物質が含まれていては、ごぼうの中に含まれている有効成分の効能を生かすことができませんし、副作用に悩まされるかもしれないので、国産かどうかで選ぶことがいかに重要なのかお分かり頂けると思います。

 

完全に無農薬のごぼう茶は数が少なく見つけるのが少々難しいものの、国産の製品は意外と多いですし、公式サイトを参照すれば「宮崎県産」「青森県産」「九州産」と記載されているはずです。

 

もちろん、1本当たり1杯当たりの価格を考慮する選び方も大事で、どんなに身体に良い成分が含まれていたとしても、あまりにも高ければ長期的に続けていくのは難しいかもしれません。

 

それでも、化粧水や美容液のように価格がピンキリというわけではなく、ごぼう茶の場合はある程度価格が決まっているため、飲み続けるのが難しいほど高い製品は販売されていないはずです。

 

現に、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、国産の安全なごぼうを使っているのにも関わらず、2gで7包のお試しパックが600円という低料金で販売されております。

 

豊かな味わいと香りがある製品で、長く飲み続けることは容易いはずなので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、既存の製品を通販で購入するだけではなく、自宅でごぼう茶を作るという場合も、ごぼうの選び方には注意しなければなりません。

 

基本的にごぼうを中心とした健康茶になるため、ごぼうの品質で味の全てが決まってしまいます。

 

そこで、スーパーへと出向いたら「泥付きのごぼうを選ぶ」「ひび割れたものを避ける」「ひげ根が少ないものを選ぶ」という点に着目してみましょう。

 

洗いごぼうの方が見た目のイメージが良いのですが、鮮度が落ちやすいので泥付きの製品の方が良いですし、傷の有無も重要なポイントの一つなので、自分の目でしっかりと確かめなければならないのです。

 

また、季節によってもごぼうの品質には違いが生じており、2月から取れる春ごぼうは「香りが高く柔らかい」、5月から取れる夏ごぼうは「あっさりとしている」、10月から取れる冬ごぼうは「旨味が深い」という特徴があります。


「ごぼう茶の種類」に関するページ