ごぼう茶を飲むタイミングは?

ごぼう茶を飲むタイミングは決まっているの?

若返り効果があるということで有名なごぼう茶は、ウーロン茶や杜仲茶と同じように健康茶の一種ということで、特に飲むタイミングは定められておりません。

 

どのメーカーにホームページを参照しても、「お好きな時間帯に飲むことができます」と記載されているので、自分の好きなタイミングで飲み続けられるのです。

 

医薬品ではなく健康茶なので、ごぼう茶は喉が渇いた時に水やジュースの代わりに飲むことが可能で、摂取量に関しても自由に決められます。

 

水分補給は生命を維持するために欠かすことができないのですが、コーヒーを飲みすぎるとカフェインの過剰摂取に繋がりますし、ジュースも糖分がたっぷりと入っているので飲みすぎには注意が必要です。

 

その点、ごぼう茶はノンカフェイン飲料なので、妊娠中の女性でも安心して飲むことができますし、カロリーも低いので、ダイエットを考えている女性に最適な飲み物なのではないでしょうか。

 

それに、飲むタイミングが決まっていないだけではなく、他の飲み物との飲み合わせも可能なので、ごぼうのクセが強くて苦いと感じる方は、ブレンドティーを作って摂取してみるべきです。

 

もちろん、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶も、特に飲むタイミングは決まっていないので、自分の好きな時間帯に摂取することができます。

 

関東ローム層の水はけの良い赤土の中で育った、高品質のごぼうがこのメーカーでは採用されているので、特別な味わいの山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶は特に飲むタイミングは決まっていないと上記で説明致しましたが、寝起きと就寝前が特に良いと考えられております。

 

朝目覚めた時に温かいごぼう茶を飲むことで、身体の緊張を解すことが可能で、頭の回転を良くできるのです。

 

寝起きは誰でもスッキリとしないものですし、脱力感に悩まされている方もいらっしゃいますが、1杯の温かいごぼう茶を飲む習慣をつけていれば、午前中にハキハキとした生活を送ることができます。

 

また、就寝前のタイミングでごぼう茶を飲むのが良いと言われているのは、リラックス効果と疲労解消効果を同時に得られるからです。

 

就寝前に温かいごぼう茶を1杯飲めば、心も身体もリラックスして熟睡しやすくなりますし、質の高い睡眠を取っていれば成長ホルモンの分泌量が増え、身体の疲れを取るとともに肌の再生も促されるでしょう。

 

逆に、コーヒーや紅茶といったカフェイン飲料を寝る前に飲むと、脳が覚醒して寝付きにくくなってしまうので、できる限り控えるべきです。


「ごぼう茶の飲み方」に関するページ