食前のごぼう茶

食前のごぼう茶はOK?

「食前にごぼう茶を飲んでも大丈夫なの?」「食前にごぼう茶を飲んでも身体に悪影響はないの?」という疑問を抱えている方はいます。

 

基本的にごぼう茶は医薬品ではなく健康茶ということで、他のページでも説明しましたが飲むタイミングは全て自由なのです。

 

例えば、医薬品ならば下記のように正しい飲み方が定められているので、健康を害さないためにもきちんと守らなければなりません。

 

 

食前:「食事の30分前に飲む」「食べ物と一緒ではない方が吸収率が高い」「直接胃粘膜に接する薬や食欲増進剤が該当する」

食後:「食事の30分後に飲む」「胃に障害を起こしやすい薬は刺激を抑えるために食後が最適」「胃もたれを防ぐ薬が該当する」

食間:「食事の2時間から3時間後」「食べ物の消化が終了した段階がベスト」「胃粘膜に接して効果を出す医薬品が該当する」

就寝前:「寝る30分前に服用する」「寝ている間に効果を発揮する薬」「不眠症や睡眠障害を改善する睡眠薬が該当する」

 

 

このように決められているものの、ごぼう茶に関しては食前でも食後でも好きなタイミングで飲むことができます。

 

朝起きた時でも喉が渇いている時でも、糖分の多いジュースを飲むよりも栄養分がたっぷりと含まれたごぼう茶の方が遥かに効果的なのはお分かり頂けるはずです。

 

健康茶なので病気を治すような効能は一切ありませんが、病気を未然に防ぐサポートは期待できるので当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を食前に飲んでいる女性は意外と多く、これはダイエット効果を高めたいと考えている方が多いからかもしれません。

 

確かに、ごぼう茶を1杯から2杯程度飲み、少しお腹が膨れれば毎日の食事量を自然な形で減らすことができます。

 

無理な食事制限によるダイエットは身体に負担がかかるので絶対にやめた方が良いものの、食前にごぼう茶を飲めば自然とカロリーの摂取量を減らせるのです。

 

同時にカロリーの消費量を増やすために、運動を毎日の生活に取り入れれば効果を更に上げられるのではないでしょうか。

 

ダイエットは短期間で取り組むものではなく、長い期間をかけてゆっくりと体重を減らしていくことが大事だと心得ておく必要があります。

 

いくらごぼう茶を飲んでいても毎日の食事をおざなりにしてはいけませんし、栄養不足による免疫力や抵抗力の低下には十分に注意してください。


「ごぼう茶の飲み方」に関するページ