ごぼう茶はアク抜きした方が良いの?

ごぼう茶はアク抜きした方が良いの?

アク抜きとは、野菜類の中に含まれる渋みや苦みを取り除くことで、ひと手間を掛けることによって料理の味や色を悪くせずに済みます。

 

野菜を使った料理を作る場合、「冷水にとって色止め」「塩熱湯で茹でてアクを出す」という2種類のアク抜きが基本となっており、ごぼう料理を作る際に欠かさずに行っている方は多いはずです。

 

しかし、ごぼう茶を作る場合、アク抜きをするために水に漬け過ぎると、身体に良いポリフェノールが流れ出てしまいます。

 

ごぼう茶を飲むメリットは、活性酸素を除去して老化を防ぎ健康効果を得られることなのですが、アク抜きをするとそのポリフェノールを摂取できなくなるので意味がありません。

 

ポリフェノールの種類によって異なるものの、動脈硬化の予防やコレステロールの抑制、糖尿病の改善やアンチエイジング効果など様々な利点があるので、その有効成分を取り入れるにはアク抜きは不必要というわけです。

 

スーパーでごぼうを購入し、自宅でごぼう茶を作る際、泥付きの状態で販売されていることが多いため、丁寧に洗ってアク抜きをしたくなる気持ちは十分に分かります。

 

しかし、灰汁と汚れは異なりますし、アク抜きをしないからといって特別汚いわけではないため、軽くタワシで表面を擦って目に見える泥を落とすだけで十分なのです。

 

とは言え、市販で販売されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、加工の際にアク抜きは行われていないので、ポリフェノールといった有効成分はしっかりと含まれております。

 

自宅で作るよりも簡単にごぼう茶を飲み続けることができるので、是非一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼうを使った料理でアク抜きが今まで行われていたのは、変色や酸化で見た目のイメージが悪くなるのを防ぐためでした。

 

確かに、ごぼうを酢水に漬けると臭みが取れますし、見た目のイメージも格段に良くなるのですが、上記で説明したように同時に健康成分のポリフェノールが失われてしまいます。

 

ポリフェノールは老化を防ぐ栄養素の一つですし、アク抜きをする際にごぼうの皮を剥くと、この皮に含まれているサポニンやイヌリンといった栄養分も摂取できなくなるのです。

 

ごぼう茶ではなく、ごぼうを使った料理を作る場合、アク抜きをしなければ苦みが強くて食べにくくなるかもしれませんが、健康を考えるのであれば皮付きのまま料理に取り入れて、泥を落とす際はサっと洗い流す程度に留めておきましょう。


「ごぼう茶の飲み方」に関するページ