ごぼう茶と妊婦

ごぼう茶と妊婦について

「妊婦さんはごぼう茶を飲んでも良いの?」という質問をされる女性の方はいらっしゃいます。

 

キク科の植物のアレルギーを持っていないのであれば、ごぼう茶は妊婦さんでも摂取が可能となっており、むしろ低カロリーで栄養分がたっぷりと入っているので、体調管理が必要な妊婦さんには最適な飲み物なのです。

 

妊娠中の女性は、ホルモンバランスの変化により、便秘やむくみといった症状に悩まされやすく、「赤ちゃんが無事に生まれるのか?」という不安も重なって、ただでさえ精神的に滅入ってしまうことがあります。

 

そのような状態で、更に便秘やむくみといった症状に悩まされると、余計にストレスが溜まって良くないので、ごぼう茶を飲んで改善した方が良いでしょう。

 

ごぼう茶の中には食物繊維がたっぷりと含まれているので、便秘の解消に適しておりますし、体内の老廃物を排出するデトックス作用に長けているので、むくみを自然と解消してくれます。

 

快適なマタニティライフをサポートしてくれる飲み物の一つがごぼう茶ということで、妊婦さんは自分のお口に合う製品を選んで飲み続けるのが良いかもしれません。

 

数ある製品の中でも、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめとなっており、お試しパックが600円という料金で販売されております。

 

ごぼう茶はノンカフェイン飲料ということで、妊婦さんでも安心して摂取することができるので、是非体調管理のために山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、1日に1杯や2杯のコーヒーや紅茶であればまだしも、妊婦さんが大量にカフェインを摂取すると、お腹の中の赤ちゃんに悪影響が引き起こされると考えられております。

 

母親がカフェインを摂取すると、胎盤を通じて胎児へも行き渡ってしまい、赤ちゃんの肝臓は大人と比べてまだまだ未熟なので、そのカフェインを排出できずに体内に溜め込んでしまうのです。

 

しかも、カフェインは母親の身体のアドレナリンを増やし、血液の流れを滞らせてしまうため、結果的に発育障害や死亡に繋がる恐れがあります。

 

このようなリスクを考えると、妊婦さんはなるべくカフェインを摂取しない方が良いということは間違いないので、水分補給としてごぼう茶を飲んだ方が良いというわけです。

 

もちろん、ごぼう茶の中に含まれているサポニンには多少の毒性があるため、ガブガブと飲み続けるのは少々危険かもしれません。

 

それでも、漢方薬や医薬品のような副作用が引き起こされることはないので、便秘を中心とする不快な症状を予防するためにも、ごぼう茶を毎日の生活に取り入れるべきです。


「ごぼう茶と年齢」に関するページ