ごぼう茶と赤ちゃん

ごぼう茶と赤ちゃんについて

「ごぼう茶は赤ちゃんに飲ませても大丈夫なの?」という疑問を抱えている親御さんは、少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、赤ちゃんに与えるものに神経質になるのは当然ですし、「副作用は引き起こされないのか?」「赤ちゃんの胃腸でしっかりと消化できるのか?」という不安は浮かびます。

 

しかし、ごぼう茶はノンカフェインなので、赤ちゃんでも気軽に飲むことができますし、便秘で悩まされているのであれば尚更食物繊維を与えるために、ごぼう茶を飲ませるべきです。

 

赤ちゃんの場合、大人と比べて腸内環境が整っていないということで、数日間に渡ってウンチが出ないことがあります。

 

これは身体の構造上、致し方ないことなのですが、あまりにも排便の期間が長すぎて赤ちゃんが苦しそうにしているのであれば、便秘を疑った方が良いです。

 

だからと言って、無闇に市販薬を飲ませるのは危険ですし、繊維質の食べ物を離乳食に取り入れたとしても、好き嫌いの多い赤ちゃんは食べてくれないかもしれないので、飲み物のごぼう茶が適していると言えるでしょう。

 

ごぼう茶の中には、水に溶けやすい食物繊維と、水に溶けにくい食物繊維の両方がバランス良く含まれており、腸内環境を整えたり善玉菌を増やしたりすることで、便秘を解消してくれます。

 

浣腸は痛いので赤ちゃんにとって大きな刺激となりますし、こよりを使った刺激もそこまで大きな効果が得られないということで、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を与えてみてください。

 

危険な農薬や添加物は一切含まれていない安全なごぼう茶ですし、香ばしい味が山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の大きな特徴なので、喜んで飲んでくれるはずです。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記では赤ちゃんの便秘解消のために、ごぼう茶を飲んで自然に排便を促す方法が良いということを説明致しました。

 

しかし、ごぼうの中に含まれている食物繊維は粗いという特徴があり、消化器官の働きが整っていない赤ちゃんにとって大きな刺激になるかもしれないので、ごぼう茶の飲ませすぎには注意が必要です。

 

これは赤ちゃんだけではなく、大人でも同じことが言えるのですが、ポリフェノールの一種であるサポニンには毒性があり、過剰摂取によって吐き気といった症状が引き起こされる場合があります。

 

ごぼう茶を飲んで健康が害されてしまっては何の意味もないということで、便秘を解消させたいとしても適度に飲ませなければなりません。

 

もし、自宅で様々な対処を行っても、赤ちゃんの便秘が解消されないようであれば、小児科といった病院を受診して診察を受けるべきです。


「ごぼう茶と年齢」に関するページ