ごぼう茶と年齢

ごぼう茶と年齢について

ごぼう茶を飲み続けることで、見た目の年齢をマイナス7歳にするのは決して夢ではありません。

 

ごぼう茶には若返り効果が期待できるということで、若い年齢の女性から高齢者の方まで、幅広く愛されている飲み物なのです。

 

ごぼう茶で若返りが期待できる要因の一つが含まれている栄養素にあり、サポニンやイヌリンといった成分が中心となっております。

 

サポニンは体内の余分なコレステロールを分解する作用があり、イヌリンは水分を排出してむくみの解消効果が得られるのです。

 

長期的に飲み続けていれば、身体の内側から綺麗になれますし、同時に安全なダイエット効果も得られるということで、見た目年齢を下げることは十分に可能だと言えるでしょう。

 

実際に、「ごぼう博士」と言われている南雲先生は、50代という年齢なのにも関わらず、誰が見ても見た目の年齢は30代くらいと、20歳も若い外見となっております。

 

それは、毎日のようにごぼう茶を飲み続けたからで、豊富に含まれている食物繊維によって便秘が解消され、肌にしっかりと栄養素が行き渡ったことも、見た目の年齢を下げる大きな要因というわけです。

 

しかも、南雲先生は50代なのにも関わらず、血管年齢は20代をキープしており、全てはごぼう茶のお陰だと説明できます。

 

この南雲先生が実際に監修しているごぼう茶が、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶で、どの製品よりも人気が高いです。

 

国産の高級なごぼうを皮ごと使用している素晴らしい製品なので、是非一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、女性の方であれば、誰でも見た目の年齢を若くしたいと考えるはずですし、毎日のスキンケアだけでは限界があります。

 

スキンケアで表面の美しさを保っていたとしても、身体の内側が汚れていては全く意味がないので、ごぼう茶を飲み続けた方が良いというわけです。

 

もし、ごぼう茶の臭みが苦手なのであれば、「濃いめに入れる」「ジンジャーを入れる」「ビタミンCの粉末を入れる」というアレンジをしてみましょう。

 

「濃いめに入れると臭みが増してしまうのでは?」と思う方がいらっしゃいますが、薄くすると逆にごぼう茶の土臭さが際立ってしまうので、濃いめに入れた方が良いのです。

 

そして、ジンジャーやビタミンCの粉末を入れれば、ごぼうの土臭さがマスキングされて遥かに飲みやすくなるので、ごぼう茶そのままでは厳しいという方は、自分に合った方法でアレンジしてみてください。


「ごぼう茶と年齢」に関するページ