ごぼう茶で体臭を改善しよう

ごぼう茶で体臭を改善しよう

ごぼうを使って作られたごぼう茶は、実は体臭を予防する効果を持ち合わせており、最近では男性の方からも人気を得ております。

 

体臭とは、その名の通り汗などの分泌物が元となって、身体から発せられる臭いのことを指しており、加齢に伴って臭いが増すという特徴もあるのです。

 

どんなに身体をボディソープで綺麗に洗って清潔感を保っていたとしても、個人の体質によっては体臭が引き起こされることはあるので、致し方ないかもしれません。

 

しかし、あまりにも酷い体臭の方は、周りの方に知らず知らずのうちに迷惑がかかっているはずなので、早めにごぼう茶を飲んで対策を練った方が良いのです。

 

ごぼう茶の中にはサポニンが含まれており、この成分が皮脂の分泌を抑えてくれるため、汗が原因で引き起こされる体臭を少しでも改善してくれます。

 

それに、腸内環境の悪化も体臭の大きな原因となっており、全く関係ないと考える方はいらっしゃるかもしれませんが、便通が良くなれば体内の老廃物が減り、悪玉菌が減って臭いを放つ毒素が作られにくくなるのです。

 

もし、便秘で腸内に余分なものがたくさん溜まっていると、アンモニアを中心とした臭い成分が血液の中に溶け込み、全身を巡ってしまうので、体臭を予防するには便を程良い硬さにして便秘を解消してくれるイヌリンが含まれたごぼう茶が最適だと言えるでしょう。

 

実際に、ごぼう茶を飲み続け、慢性的な便秘が解消されたという方は非常に多いので、腸内環境の悪化による便秘に悩まされている方は、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみるべきです。

 

もちろん、身体を清潔に保って臭いを防ぐことも大事ですが、身体の内側からの対処も体臭の対策として欠かせないポイントの一つなので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を取り入れてみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、体臭を改善してくれる飲み物としては、ごぼう茶の他にも緑茶が挙げられます。

 

何気なく口にしている緑茶の中には、フラボノイドと呼ばれる成分が含まれており、細菌の繁殖を抑制する作用があります。

 

汗といった分泌物を細菌が分解すると、臭い物質に変わるという特徴があるので、抗菌作用や殺菌作用を持った緑茶を意識的に摂取していれば、少しでも体臭を防げるかもしれません。

 

ただし、体臭を防ぐために身体を清潔に保つというケアは大切なのですが、身体の洗いすぎには注意が必要となります。

 

「何が何でも皮脂を取り除かなければ」「香りの良いボディソープで身体を何回も洗わなければ」ということで、ゴシゴシとナイロンタオルを使って身体を洗っている方は多いはずです。

 

しかし、シャワーや浴槽に浸かるだけで、表皮の善玉菌の約80%は流されており、それに加えて更に身体をゴシゴシと洗うと、残りの20%の善玉菌も落ちてしまい悪玉菌が繁殖する原因となります。

 

黄色ブドウ球菌や真菌を中心とする悪玉菌が、嫌な臭いの元となるアンモニアを作り出しているので、その繁殖を防ぐために善玉菌を適度に肌に残す洗い方を心掛けた方が良いでしょう。


「ごぼう茶の効果」に関するページ