ごぼう茶で花粉症を治そう

ごぼう茶で花粉症を治そう

花粉症

春先になると花粉が飛び散り始めるため、鼻水が止まらなかったり目が痒くなったりと、花粉症の症状で悩まされやすくなります。

 

この花粉症の予防に効き目があるのがごぼう茶で、それはデトックス効果で体内の免疫力をアップさせられるからです。

 

花粉症のメカニズムとしては、花粉という異物が鼻の中から体内へと侵入し、それを排除すると判断した場合に身体が反応するIgE抗体という物質が作り出され、ヒスタミンといった化学物質が分泌されて花粉を外に追い出そうとします。

 

その際に引き起こされる症状が鼻水やくしゃみで、鼻づまりも花粉を体内に入れないようにするための防御策のようなものなので、このようなアレルギー症状に悩まされるのは仕方がないと言えるでしょう。

 

それでも、花粉症の症状が重症化すれば日常生活に支障が出ますし、何も対策をしないわけにはいかないので、体内の免疫力を上げるごぼう茶がおすすめなのです。

 

もちろん、花粉症の症状自体を完治させられるわけではありませんが、症状を少しでも抑えられるかもしれないので、ごぼう茶を飲んでみるのは一つの選択肢だと説明できます。

 

このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、あの有名な南雲医師の監修の元で作られました。

 

国産の安全なごぼうを使っており、クロロゲン酸を始めとする栄養分がたっぷりと含まれているので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、体質によって花粉症を患うかどうかは個人差があり、今までは平気だったとしても、急に発症することは十分にあり得ます。

 

花粉症を発症する確率は、今まで吸ってきた花粉の量が大きく関係しているため、数年間しか花粉を吸っていない子供と比べれば、大人の方が遥かに発症しやすいのです。

 

絶対に花粉症を患わない方法は未だにありませんが、ごぼう茶を飲んで免疫力を高めるような努力をしていれば、発症する確率を下げられるかもしれません。

 

また、ごぼう茶で若返りを推奨している南雲医師は、「外出時にマスクを外す」という方法で、花粉症による発作が引き起こされにくくなったと言っておりました。

 

「花粉の侵入を防いだ方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、鼻から侵入した異物に対しては免疫が作用してアレルギー反応が出るものの、口から入ったものに関してはアレルギー反応が生じにくくなっております。

 

この身体の作用を利用して、外出時にマスクを外し、口呼吸を心掛けることで、花粉によるアレルギー反応を少しでも抑えられるというわけです。

 

しかし、口呼吸を続けていると口内が乾燥し、唾液の分泌量が減少して口臭といった別の問題も発生しやすいので、十分に注意してください。


「ごぼう茶の効果」に関するページ