ごぼう茶で育毛しよう

ごぼう茶で育毛しよう

育毛

健康に良いと言われているごぼう茶は、実は育毛にも良い成分が含まれており、薄毛や抜け毛で悩む男性にも最適な飲み物となっております。

 

ごぼう茶の中に含まれている有効成分の一つがイヌリンで、これが体内に取り入れられることで知覚神経を刺激し、毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化してくれるインスリン様成長因子(IGF-1)を増やしてくれるのです。

 

髪の毛の発育に欠かせない酵素のIGF-1が増えれば、自然と抜け毛を防ぎ、丈夫な髪の毛を作ってくれるため、ごぼう茶に育毛効果があるということがお分かり頂けるでしょう。

 

唐辛子のカプサイシンと同じように、イヌリンが知覚神経を刺激してくれるので、育毛剤を使っても特に大きな変化が得られないという方は、ごぼう茶を毎日の生活に取り入れてみるべきです。

 

ごぼう茶を毎日飲んだところで、直ぐに髪の毛がフサフサになるわけではありませんし、抜け毛の元凶とも言われているジヒドロテストステロン(DHT)を抑制できるわけでもありません。

 

それでも、IGF-1を増やせるのは紛れもない事実ですし、血行促進作用によって髪の毛の成長に欠かせない栄養分が隅々まで行き渡るので、何かしらの変化は期待できるはずです。

 

他にも、ミネラルやポリフェノールといった栄養分がたっぷりと入った飲み物なので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

国産のごぼうを使った飲み物なので、どのメーカーの製品と比べても安全性が高いですし、600円という格安料金も魅力的なので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記ではIGF-1を増やすためにごぼう茶が最適だと記載しましたが、これだけでは育毛効果を実感することはできず、同時にIGF-1の元となっているCGRPを増やす必要があります。

 

CGRPを枯渇させないためには、イソフラボンを摂取するのがベストで、大豆製品の中にたっぷりと含まれているのです。

 

そのため、毎日の食生活で育毛効果を実感したいのであれば、ごぼう茶を飲むだけではなく、味噌や納豆といった大豆製品を取り入れるように努力した方が良いでしょう。

 

また、体温を下げて冷え性を促すカフェイン飲料は、育毛の大きな敵となっているため、できる限り避けた方が良いと説明できます。

 

冷え性になると身体中の血行が悪くなり、同時に頭皮へと運ばれる血液量や栄養分も減少するため、髪の毛の元となっている毛母細胞まで運ばれにくくなるのです。

 

強くて太い髪の毛が生えにくくなり、直ぐに抜けてしまうような髪の毛ばかりになれば、薄毛へと誘われてしまうので、ノンカフェインのごぼう茶を飲むようにしてください。


「ごぼう茶の効果」に関するページ