ごぼう茶で貧血を予防しよう

ごぼう茶で貧血を予防しよう

血液浄化作用を持ち合わせているごぼう茶を飲むことにより、血液の流れをサラサラにできるため、貧血の予防に繋がると考えられております。

 

貧血自体の症状はめまいや立ちくらみなどで、そこまで大きな病気というわけではありませんが、全身がだるくなることもあるため生活の質が低下してしまうかもしれません。

 

それに、高齢者の方は転倒のリスクもつきまとうため、血流を良くするごぼう茶を飲んで、貧血を予防した方が良いというわけです。

 

また、貧血の種類によって原因や症状は異なるものの、日本人の約7割の方は鉄分不足によって貧血を引き起こしており、酸素を運ぶ働きを担っている赤血球の中のヘモグロビンが不足することで、息切れや倦怠感が生じます。

 

ヘモグロビンといった赤血球の異常を引き起こしている方は、腎機能が低下している恐れがあるので、鉄分の補給に加えて腎機能を高められるごぼう茶は実に貧血予防に良い飲み物なのです。

 

とは言え、ごぼう茶の中に含まれているサポニンは溶血作用を持ち合わせており、赤血球が破壊されるという懸念もあるため、飲みすぎには十分に注意した方が良いでしょう。

 

それでも、健康を促せる飲み物なので、毎月の月経によって鉄分を消費しやすい女性の方は、少しでも貧血を予防するために山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみるべきです。

 

長期間に渡って飲んでいれば、だんだんと貧血の予防に繋がるはずなので、通販で山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を注文してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記では鉄分不足によって貧血が引き起こされていることが多いと説明致しました。

 

しかし、最も頻度の高い鉄欠乏性貧血だけではなく、多量の出血によって生じる失血性貧血や、リウマチや感染症が要因の続発性貧血、赤血球の寿命が通常の10分の1程度になることで生じる溶血性貧血など、様々な種類が挙げられます。

 

全ての貧血において、ごぼう茶が効果的というわけではありませんが、身体に有害な成分が含まれているわけではないので、健康のために毎日の生活に取り入れる価値は十分にあるというわけです。

 

また、下記ではごぼう茶以外の健康茶で、どのような種類の製品が貧血の予防に適しているのか記載しているので、参照してみましょう。

 

 

アルファルファ茶・・・・ハーブティーの一種でミネラルやカルシウムが豊富

タンポポ茶・・・・女性ホルモンのバランスを整える効果もあり

高麗人参茶・・・・更年期障害やダイエットを促進する効果もあり

セントジョーンズワートティー・・・・ゆっくりと気分を落ち着けたい時に最適

黒豆茶・・・・アンチエイジングやアレルギー改善効果もあり


「ごぼう茶と健康」に関するページ