ごぼう茶で中性脂肪を取り除こう

ごぼう茶で中性脂肪を取り除こう

ごぼう茶を飲むことで、中性脂肪の値やコレステロールの値を下げてくれるため、高血圧で悩む高齢者の方に適した飲み物だと言われております。

 

若者の方はあまり気にしないかもしれませんが、中性脂肪の値が高いと動脈硬化や糖尿病の大きな原因となり、脳梗塞や心筋梗塞といった死を招く病気を発症する要因となるのです。

 

中性脂肪は私たちのお腹の周りについており、空腹時にはエネルギー源ともなるので、減らせば減らすほど良いというわけではありません。

 

しかしながら、悪玉コレステロールの数値が高ければ高いほど、直ぐにでも改善しなければならないので、体内の老廃物を同時に排出してくれるごぼう茶を飲むのが適しております。

 

毎日ごぼうを使った料理を食べるのは難しいとしても、ごぼう茶であれば難なく飲むことができるはずですし、体内の水分を排出してくれるイヌリンも配合されているので、むくみの解消効果も得られるのです。

 

手足の血行不足や水分の溜まりによって生じるむくみを放置していると、脂肪の塊であるセルライトが形成され、歩行が困難になるほどの痛みが生じることもあります。

 

美容に大ダメージが加わるだけではなく、日常生活に支障が出るかもしれないので、ごぼう茶を飲んで早めにむくみを解消した方が良いというわけです。

 

このように、健康茶を飲むだけで中性脂肪を取り除くことができるので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみましょう。

 

品質の良いごぼうを使った山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の中には、食物繊維がたっぷりと含まれており、便秘で悩む方にも適しているので是非お試しパックを購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、病院で検査を行い、中性脂肪の値が基準値よりも高ければ、脂質異常症だと診断されます。

 

中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dl以上の方は脂質異常症だと言えますが、150mgから300mg程度であれば軽症なので、ごぼう茶を飲んだり毎日の食生活を見直したりしていれば、少しずつ正常値に戻るはずです。

 

しかし、300mgから600mgの中等症の方や、600mg以上の重症の方は生活習慣の見直しでは改善が難しく、本格的な治療を試みなければなりません。

 

中性脂肪の値を下げる方法として一番重要だと言われているのが食生活の改善ですが、適度な運動を心掛けることも大事だと説明できます。

 

運動不足の方ほど数値が上昇しやすいので、デスクワークが中心の方は特にウォーキングやサイクリングといった有酸素運動を毎日の生活に取り入れるべきです。


「ごぼう茶と健康」に関するページ