ごぼう茶の賞味期限はどのくらい?

ごぼう茶の賞味期限はどのくらいなの?

ごぼう茶の賞味期限は、製品によって違いが生じているので、購入する前に公式サイトなどで確かめて確認しておいた方が良いかもしれません。

 

とは言え、多くのごぼう茶は賞味期限が12ヶ月以上と設定されているため、余程のことがなければ飲みきれるはずです。

 

いくらごぼう茶が好きで健康のために毎日飲んでいる方でも、まとめて10パック以上を購入することはないでしょうし、1パックや2パックずつ購入して飲み続けるのが普通だと思います。

 

1パック30包といった製品が多く出回っているため、1日に1杯のペースでも1ヶ月で飲みきれるため、賞味期限を気にする必要は全くないというわけです。

 

仮に、数ヶ月程度ごぼう茶を飲まない期間があったとしても、賞味期限が1年以上と設定されている製品は多いので、「賞味期限が切れたから捨てなければ」というケースはほとんどないでしょう。

 

このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の賞味期限は、製造から2年間となっております。

 

他のごぼう茶製品と比べて賞味期限が長く設定されているところがありがたいですし、公式サイトを見れば安心と安全のごぼうを使っていることが分かるので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ペットボトルタイプのごぼう茶にしても、ティーバッグタイプのごぼう茶にしても、基本的に賞味期限は長く設定されております。

 

しかし、自宅でオリジナルのごぼう茶を作るという場合、市販の製品と比べて賞味期限が短くなるので注意が必要です。

 

ごぼう茶の作り方は、スーパーで購入したごぼうを洗ってピーラーなどを使ってささがき状にし、天日干しや電子レンジで乾燥させた後に、フライパンで炒めるという流れになっております。

 

保管方法によっても異なるのですが、ささがき状にしたごぼうは賞味期限が短く、できる限り早めに飲まなければ鮮度が落ちて、ごぼう本来の栄養分を摂取できなくなってしまうのです。

 

キッチンペーパーを使ってきちんと水気をとり、冷凍用保存袋に入れて保存すればある程度は長持ちするかもしれません。

 

それでも、市販の製品と比べたら遥かに賞味期限が短いというのは間違いないので、ささがき状のごぼうは一度に作り置きするのではなく、小まめに作るべきです。

 

この作業が面倒だと感じる方は多いはずなので、買いたい時に買い、飲みたい時に飲める製品化されたごぼう茶を通販で購入するようにしてください。


「ごぼう茶に関する疑問」のページ