ごぼう茶を飲み過ぎるとどうなるの?

ごぼう茶を飲み過ぎるとどうなるの?

いくらごぼう茶の効能が高く、健康や美容を促進できるといっても、飲み過ぎには十分に注意しなければなりません。

 

「1日に○○杯まで飲める」「1日に飲む量は○○○ml」という規定はないので、基本的に摂取量に関しては個人の自由となっております。

 

しかし、あまりにもごぼう茶を飲み過ぎると、胃痛や下痢、吐き気の原因となるので、程ほどの摂取を心掛けなければならないのです。

 

それは、毒性のあるポリフェノールの一種であるサポニンが原因だと考えられており、この成分は体内のコレステロールを分解して排出し、身体の内側から綺麗になるサポートをしてくれます。

 

だからといって過剰に飲み過ぎていると、赤血球の膜が破れてヘモグロビンが外に出てしまう溶血作用により、副作用のような症状が引き起こされてしまうのです。

 

基本的に、ごぼう茶は健康食品という位置づけとなっており、医薬品とは異なるので、副作用に悩まされることはないでしょう。

 

それでも、ごぼう茶を飲んで胃がムカムカとしたり、吐き気が催されたりする場合、過剰摂取が引き金となっているケースが実に多いので、飲み過ぎないように適量を守らなければならないのです。

 

これはどの製品にも同じように言えることで、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶も、飲み過ぎによって思わぬトラブルが引き起こされる場合があります。

 

一度に大量のごぼう茶を飲んだとしても、それに比例した効果が得られるわけではないので、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶で健康や美容を促す場合でも、程ほどの摂取を心掛けるようにしてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶の中に含まれているサポニンは、適度に飲めばかなり高い健康効果が得られるものの、過度に飲み過ぎると不快な症状の原因になると上記で説明致しました。

 

健康茶を飲んでいるのにも関わらず、逆に健康が阻害されてしまっては全く意味がないので、あくまで健康のサポートという位置づけで適量を飲まなければならないのです。

 

また、1日の摂取量に気を配るだけではなく、市販の製品を購入する場合は、その選び方についても正しい知識を得ておかなければなりません。

 

どのごぼう茶でも同じような効能が得られるわけではなく、採用されているごぼうの種類によって含まれている栄養素や味は異なります。

 

実際に飲んでみなければ確かなことは把握できないのですが、原材料がしっかりと公式サイトやパッケージに明記されていたり、産地が隠されずに記載されていたりする製品を選ぶべきです。


「ごぼう茶に関する疑問」のページ