ごぼう茶で眠気は生じるの?

ごぼう茶で眠気は生じるの?

ごぼう茶は野菜のごぼうから作られた飲み物であり、眠気のような症状が引き起こされることは基本的にないです。

 

しかし、「Drugs.com」によると、ごぼう茶中毒と呼ばれる症状は報告されており、個人の体質によっては眠気や肌のブツブツがあらわれることがあります。

 

特に、アレルギー体質の方は頭痛や発熱といった症状に悩まされる可能性もあるみたいなので、不安な方はごぼう茶を飲む前に医師に相談しておいた方が良いかもしれません。

 

もちろん、ごぼう茶は健康食品なので、不快な症状が出るとは限らないですし、別の要因で眠気が生じたと考えるのが普通です。

 

単純に身体が疲れていれば日中でも眠気が生じることはありますし、血糖値を調節できず安定していないという方は急激な眠気に悩まされたり、イライラや不安感を覚えたりします。

 

低血糖症の方は身体が疲れていなくても日中の眠気を感じることが多く、不規則な食生活を送っている方ほど患いやすいというデータがあるので、ごぼう茶を飲んで栄養素のバランスを気遣うべきです。

 

ごぼう茶の中には、普段の食生活では摂取しにくい栄養素が含まれているので、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

「毎朝スッキリしなくて悩んでいる」「人工的なサプリメントではなく健康茶でケアをしたい」という方は、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を試してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、日中に異常な眠気を感じ、仕事や勉強に集中できないという方は、脳を覚醒させる作用があるカフェイン飲料を摂取するべきです。

 

ごぼう茶にはカフェインが含まれていないため、眠気が酷い時に飲んでもあまり意味がありませんが、コーヒーや紅茶の中にはたっぷりと含まれております。

 

就寝前に飲むと快眠が阻害されるので、ごぼう茶といったノンカフェイン飲料の方が良いものの、日中の集中力を高めたいのであればコーヒーや紅茶が最適なのです。

 

それに、あまり知られておりませんが、カフェインには脂肪を燃焼させる効果や口臭予防、二日酔いの予防といった効能も持ち合わせている優れた成分となっております。

 

とは言え、あまりにも1日に大量のカフェインを摂取すると、心臓の動悸や手足の痺れといった副作用が引き起こされるかもしれないので、程ほどの摂取を心掛けなければなりません。

 

適量であれば脳をスッキリとさせ、仕事や勉強に精を出せることは間違いないので、眠気覚ましにコーヒーや紅茶を飲んでみるべきです。


「ごぼう茶の副作用」に関するページ