ごぼう茶で吐き気は生じるの?

ごぼう茶で吐き気は生じるの?

ごぼう茶を飲んで胃がムカムカしたり、吐き気が生じたりといった症状が引き起こされる方はいらっしゃいます。

 

ごぼう茶自体が危険な飲み物というわけではなく、健康食品なので適量を守っていれば不快な症状に悩まされることはないはずです。

 

それでも、ごぼう茶の中には抗菌作用や界面活性作用を持ち合わせたサポニンが含まれており、過剰摂取によって人体の善玉コレステロールまで破壊することがあります。

 

もし、ごぼう茶を飲んで吐き気が引き起こされたのであれば、このサポニンによる影響だと考えた方が良いかもしれません。

 

アレルギー体質の方ほど、サポニンによる悪影響を受けやすいはずなので、健康作用があるからといって1日に何杯ものごぼう茶を飲むのは避けるべきです。

 

一見、万能な飲み物のように見えるごぼう茶でも、飲み方によっては吐き気だけではなく、頭痛やめまいといった症状も引き起こされることがあります。

 

そのため、便秘を解消したいのであれば、ごぼう茶だけに頼るのではなく、ヨーグルトといった乳酸菌もバランス良く摂取した方が良いでしょう。

 

食物繊維だけではなく、乳酸菌も腸内の悪玉菌を減らして善玉菌がしっかりと力を発揮する状態へと導いてくれるので、腸まで生きたまま届けられるヨーグルトを毎朝食べるべきです。

 

ごぼう茶としては、国産のごぼうを使い、臭みを抑えた加工方法が採用されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

適量の摂取を心掛けていれば、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んで吐き気が生じることは絶対にないはずなので、不規則な食生活を送っている方は試してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、吐き気は原因によって対処法が異なるので、一概に説明することはできませんが、過度のストレスによって引き起こされることが多くなっております。

 

精神的なストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ、その影響で吐き気といった症状が酷くなりやすいので、毎日の生活でリフレッシュを心掛けるべきです。

 

また、暴飲暴食を続けているという方は、消化機能自体が低下し、長期間に渡る喫煙などが加われば、胃が拡張して胃の動きが悪くなって吐き気を催します。

 

通常の胃もたれであれば、医薬品の服用によって数時間後には改善されるはずですが、胃のムカムカが全くおさまらないのであれば逆流性食道炎といった病気の可能性も十分にあるので、一度病院で検査してもらった方が良いでしょう。


「ごぼう茶の副作用」に関するページ