ごぼう茶で下痢は引き起こされるの?

ごぼう茶で下痢は引き起こされるの?

これは個人の体質によって異なるので一概には説明できませんが、ごぼう茶を飲みすぎることで下痢が引き起こされる場合があります。

 

ごぼう茶に限らず、水分を多く摂取すればお腹が緩くなり、下痢になりやすいということはお分かり頂けるはずです。

 

それに、ごぼう茶の中にはコレステロールを除去したり、血管の中に形成される血栓を抑制したりするサポニンがたっぷりと含まれております。

 

適量であれば実に健康効果の高い成分なのですが、サポニンは元々毒性が強い成分なので、過剰摂取によって下痢の大きな原因となるのです。

 

確かに、ごぼう茶の中には2種類の食物繊維がバランス良く含まれており、便秘解消に期待が持てる飲み物だと言えるものの、飲みすぎれば逆に下痢に悩まされるかもしれないので十分に注意しなければなりません。

 

とは言え、下剤とは違ってごぼう茶はあくまで健康食品という位置づけなので、毎日適量を飲むようにしていれば、慢性的に引き起こされる便秘の症状を少しでも和らげることができます。

 

何日間もお通じできないと吐き気や腹痛といった症状に悩まされやすいですし、以前に便秘を我慢しすぎて便が腸内に溜まり、死亡したというニュースがありました。

 

このような事態を避けるために、体内の不要なものは直ぐに体外に排出しなければならないので、毎日の生活に当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を取り入れるべきです。

 

南雲先生が監修している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、世界でも認められている製品となっており、600円という格安の料金でお試しパックが販売されているので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記で説明したサポニンは毒性が強いと言われており、過剰摂取によって副作用が引き起こされる大きな原因となっております。

 

ごぼうだけではなく、植物の葉や根、茎などに含まれているのがこのサポニンで、1日の摂取量は特に定められていないものの、過剰摂取には注意が必要です。

 

どんなに身体に良いと言われている栄養素でも、そればかりを摂取して健康や美容を促せるわけがないので、バランスを重要視した方が良いでしょう。

 

適量であれば、サポニンの摂取によって余分なコレステロールを排出し、肥満の予防に繋がるので、メタボ気味の方はごぼう茶を飲んでみるべきです。


「ごぼう茶の副作用」に関するページ