ごぼう茶にアレルギーはあるの?

ごぼう茶にアレルギーはあるの?

ごぼうはキク科の植物に該当するため、キクのアレルギーを持っている方は、この野菜から作られたごぼう茶を飲むことで不快な症状が引き起こされる場合があります。

 

ごぼう茶を飲んでアレルギー反応が出る可能性は限りなく低いと言われておりますが、灰汁の強い皮を含んでいる製品が多いため、アレルギー反応が出ないとは言い切れないのです。

 

もちろん、普段の食事でごぼうを難なく食べられているのであれば、アレルギーや副作用の心配は全くありません。

 

それでも、胃がムカムカしたり蕁麻疹が肌に出たりといった症状は報告されているので、一度ごぼう茶を飲んでみて体質的に合わないと感じたら、その後の飲用はできる限り控えるべきです。

 

「ごぼう茶を飲むと不快な症状が出て、飲むのをやめたら消えた」という場合、ごぼう茶に何かしらの原因が潜んでいるはずなので、医師に相談した方が良いと説明できます。

 

特に、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー体質の方は、ごぼう茶で症状の悪化が促されることがありますし、ごぼうが土の中で細菌やウイルスから守るために欠かせないサポニンにも実は毒性があるのです。

 

サポニンは体内のコレステロールを排出するという大きな効能を持ち合わせておりますが、アレルギー体質に関係なく、人間の赤血球を破壊することがあります。

 

正常な方であれば健康被害の心配は無用ですが、元々アレルギーを持っている方は、ごぼう茶を飲む前に医師に相談しておいた方が良いでしょう。

 

このように聞くと、「ごぼう茶は身体に悪い飲み物なのではないか?」と不安を抱く方がいらっしゃるものの、決してそんなことはありません。

 

ごぼう茶を飲んで免疫力が上がり、アトピーの症状が軽くなったという方はいらっしゃいますし、お通じの悪さに悩む女性から支持されているのは紛れもない事実だと言えます。

 

アレルギー性疾患を患うのは、知らず知らずのうちに免疫力が落ちていることが大きな原因なので、ごぼう茶を飲んで必ずしも悪い影響が引き起こされるわけではないのです。

 

もし、ごぼう茶が身体に合わないのであれば、体内の免疫力を高めるタンニンが含まれた「シジュウム茶」や、坑アレルギー作用を持つ甜茶ポリフェノールが含まれた「甜茶」をおすすめします。

 

どちらの健康茶も効果的な成分がたっぷりと含まれており、アレルギー症状の緩和が期待できるので、お口に合う飲み物を長期的に続けてみてください。


「ごぼう茶の副作用」に関するページ