ごぼう茶の副作用

ごぼう茶の副作用について

便秘改善効果や高血圧改善効果が認められているごぼう茶を飲んでいる方は多く、女性からも男性からも愛されている飲み物となっております。

 

しかし、アレルギー体質の方は副作用で悩まされる可能性があるので、過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

ごぼう自体に副作用があるというわけではありませんが、市販で販売されている製品の多くは、中に含まれている栄養素を逃がさないために、アク抜きを行わずに作っております。

 

ごぼうを丸ごと乾燥させて作るごぼう茶の場合、アク抜きをしなければサポニンといった栄養素を取り入れることができるものの、この成分が持ち合わせている界面活性作用で赤血球や細胞膜も分解してしまうのです。

 

界面活性作用によって、体内の悪玉コレステロールを排出し、生活習慣病の予防に繋がることは間違いありませんが、あまりにも飲みすぎていると吐き気や貧血といった副作用に悩まされることがあります。

 

それに、悪玉コレステロールだけではなく、善玉コレステロールも分解してしまうことがあるので、健康作用が得られるからといって、1日に何倍も飲むのは危険です。

 

ごぼうの中に含まれているサポニンは、本来は外敵から身を守るための成分であり、人体に対して効能と副作用の両方があるということを頭に入れておきましょう。

 

また、ごぼう茶が便秘解消効果に優れていると言われている所以は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているからで、実にバランスの良い食材だと説明できます。

 

ただし、どちらかと言うと、ごぼうの中には不溶性食物繊維の方が多く含まれており、この成分は荒く腸内を傷付けることがあるため、十分な水分と一緒に摂取しなければ逆に便秘が引き起こされてしまうのです。

 

いくら便秘に効き目があり、お通じを良くしてくれる食物繊維でも、過剰摂取によってカリウムや鉄分といったミネラル分の吸収が阻害されてしまいます。

 

美容と健康を促すためには、様々な栄養素をバランス良く摂取しなければならないので、ごぼう茶ばかりに頼るのではなく、他の食品も食べていかなければならないのです。

 

以上のように、個人の体調や抵抗力によって多少は違いが生じておりますが、アレルギー体質の方はごぼう茶を飲むことで、副作用のような症状に悩まされることがあるかもしれません。

 

そのような場合、「なぜ副作用のような症状が起きたのか?」「大量に飲みすぎたことが原因なのか?」「灰汁によるアレルギーなのか?」ということをきちんと判断するべきです。

 

とは言え、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、国産の安全なごぼうを使っておりますし、適量を飲み続けていれば副作用に悩まされることはないので安心してください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶の副作用」に関するページ