ごぼう茶と鉄分

ごぼう茶と鉄分について

ごぼう茶の中には鉄分が含まれており、この栄養素も人体に欠かせない存在となっております。

 

鉄分は全身を常に巡っている血液と深い関係性があり、成人の体内を占める4gのうちの約7割はヘモグロビンの材料となり、私たちの身体に酸素を運ぶ役割を果たしているのです。

 

残りの3割は貯蔵鉄として、筋肉や骨髄といった器官にストックされており、ヘモグロビンが不足した時に利用されます。

 

この鉄分は、不規則な食生活を送っている方ほど不足しやすいですし、吸収率が約8%と極めて低い数値なため、最も欠乏しやすいミネラル分だと言えるのではないでしょうか。

 

赤血球の中に存在しているヘモグロビンは酸素を運ぶ役割を担っており、鉄分の不足によって十分に機能しなくなり、息切れやめまいといった貧血症状が引き起こされるので、毎日ごぼう茶を飲んで補った方が良いのです。

 

女性の方が引き起こしやすい貧血の約9割は、鉄分不足が引き金となっており、肉類や魚類といった動物性食品の中に含まれているヘム鉄分にしても、野菜や穀類に含まれている非ヘム鉄分にしても、吸収率はかなり低くなっております。

 

毎日ごぼう茶を飲んでいても、1日の目安の摂取量には達さないので、レバーや干し魚といった食品を積極的に食べるように心掛けるべきです。

 

もちろん、ごぼう茶の中には鉄分だけではなく、他の栄養素もバランス良く配合されているので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

特に、野菜のごぼうが持ち合わせているスッキリ力は、かぼちゃやサツマイモ、ブロッコリーといった野菜と比べてもピカイチなので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を公式サイトから購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、鉄分は上記で説明した効能以外にも、老化を促進する活性酸素を除去したり、免疫機能を維持したりといった働きを持ち合わせております。

 

鉄を含んでいる酵素のスーパーオキシドジスムターゼやカタラーゼは、体内で悪さを引き起こす活性酸素を分解してくれますし、鉄分不足によって白血球の一種である好中球の殺菌作用が衰えるので、定期的に摂取していれば免疫機能を維持できるというわけです。

 

特に、妊娠中の女性は、お腹の中の赤ちゃんを育てるために鉄分を消費しやすく、普通の状態の女性と比べて意識的に取り入れていかなければなりません。

 

毎日の食事で鉄分が足りていないと、妊娠中の女性は貧血に悩まされやすく、その状態が長期的に続くかもしれないので、ごぼう茶を飲むとともに普段の食生活を一度見直してみるべきです。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ