ごぼう茶とタンニン

ごぼう茶とタンニンについて

ごぼう茶の中には、植物の葉などに存在するポリフェノールの一種のタンニンが含まれており、身体に良い影響を与えてくれる栄養素の一つとなっております。

 

タンニンは一言で言うと渋味のようなもので、血圧を下げる効能を持ち合わせているので、動脈硬化や高血圧の改善に適しているのです。

 

しかも、体内の免疫機能を高める働きもあるため、病気に悩まされにくい身体を維持できますし、抗酸化作用によって老化の進行を食い止めることもできます。

 

「ごぼう茶は若返りに良い」「ごぼう茶はアンチエイジングに適している」と言われているのは、このタンニンが含まれているからかもしれません。

 

また、タンニンの収れん作用によって便を固める働きもあるため、下痢や軟便で悩まされている方は積極的に摂取した方が良いポリフェノールだと説明できます。

 

しかし、慢性的な便秘で悩まされているという方は、タンニンの過剰摂取によって症状が強まるという弊害もあるので、十分に注意した方が良いでしょう。

 

それでも、ごぼう茶の中に含まれているタンニンの量は、緑茶やマテ茶といった飲み物よりも少ないので、普通の飲み方をしていれば過剰摂取になることは絶対にないはずです。

 

タンニンだけではなく、その他のミネラル分もバランス良く配合されているのがごぼう茶の大きな特徴なので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

「ごぼう茶博士」として有名な南雲吉則先生が監修している製品なので、是非一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を摂取してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、タンニンは肌を引き締めたり美白効果が期待できるということで、女性からも注目されている栄養素となっております。

 

肌に塗布すると毛穴を引き締める効果があるということで、実際に化粧品の中に配合されていることも多いのです。

 

上記でも軽く説明致しましたが、食事からタンニンを摂取する場合、腸粘膜が刺激されて便秘になるケースがあるので、緑茶や紅茶といった飲み物の過剰摂取には注意しなければなりません。

 

しかし、このサイトでご紹介しているごぼう茶であれば、便秘の解消に適した食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の症状が悪化することはないはずです。

 

現代人は仕事やプライベートで精神的なストレスを溜め込みやすく、その影響で便秘がちになることもあるので、女性の方も男性の方も積極的にごぼう茶を飲む生活を送った方が良いでしょう。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ