ごぼう茶とサポニン

ごぼう茶とサポニンについて

ごぼう茶の中に含まれている栄養素の一つが、ポリフェノールの一種であるサポニンで、ごぼうの皮の中に入っております。

 

多くの製品はごぼうを皮ごと使用しているため、ごぼう茶を飲むことでサポニンを体内に取り入れられるのです。

 

頻繁にごぼうを使った料理を食べているという方でも、皮を剥いたり灰汁抜きをしたりしている方は、ほとんどサポニンを摂取することができません。

 

サポニンは、油脂を溶かして体内のコレステロールや中性脂肪を取り除くという作用があるので、ダイエットを試みている女性の方はごぼう茶を飲むのが良いと説明できます。

 

体内のコレステロールを排除してくれるのは、サポニンが界面活性作用を持ち合わせているのが大きな要因で、細菌をやっつけるために分解してくれるのです。

 

ごぼうが育っているのは、細菌やウイルスにまみれた地中で、この劣悪な環境の中でも育つことができるのは、ごぼうの中にサポニンが含まれているのが大きな理由となっております。

 

また、抗酸化作用も同時に持ち合わせているので、女性にとって嬉しい若返り効果が期待できますし、血液の流れをサラサラにして動脈硬化や高脂血症の改善効果も得られるのです。

 

このような効能をサポニンは秘めているため、自宅でごぼうを使った料理を作ったり、ごぼう茶を自作で作ったりする場合は、なるべく灰汁抜きをしない方が良いでしょう。

 

アンチエイジングにも健康にも適したサポニンは、人間にとって大切な栄養素の一つということで、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

このメーカーでは製造方法に気を配っており、ごぼうの中に含まれている栄養分が逃げないような加工をしているので、是非購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼうの中に配合されているサポニンは、野菜の中でも群を抜いているのですが、過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

大量に取り入れれば取り入れるほど大きな効能が得られると考えている方はいらっしゃるものの、本来は細菌から身を守るための成分なので、身体に害を及ぼすことがあります。

 

サポニンが持ち合わせている界面活性作用によって、人体の赤血球までも破壊してしまうことがありますし、LDL(悪玉コレステロール)だけではなく、HDL(善玉コレステロール)まで分解するのです。

 

その影響で、ごぼう茶の飲みすぎによって胃もたれになったり、消化不良が引き起こされたりするので、毎日の摂取量には注意が必要となります。

 

いくら健康に良い栄養分だとしても、飲んだ量に比例して何かしらの効能が得られるわけではないので、程ほどの摂取を心掛けるようにしてください。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ