ごぼう茶とミネラル

ごぼう茶とミネラルについて

ごぼう茶の中には、食物繊維やポリフェノールだけではなく、たくさんのミネラル分が含まれております。

 

ごぼう茶の中に配合されているミネラル分としては、リンやカリウムが挙げられ、どれも体内では生成されない栄養素なので、何かしらの形で体外から摂取しなければならないのです。

 

ごく普通の食生活を送っている方であれば、ミネラルが不足することはほとんどありませんが、不規則な食生活を送っていると不足しやすいので、野菜不足の方は特にごぼう茶を飲んだ方が良いかもしれません。

 

外食が中心の方は、知らず知らずのうちに野菜不足に悩まされているケースが多く、食生活を直ぐに変えるのは意外と難しいため、気軽に飲みたい時に飲めるごぼう茶が大きな効果を発揮します。

 

リンはエネルギーを貯蔵したり、カルシウムと一緒に骨格や歯を形成したりと、細胞の生命活動に欠かせない成分です。

 

とは言え、リンは加工食品の中に含まれている食品添加物として利用されているため、不規則な食事を送っている方でも不足することは稀だと言えるでしょう。

 

ごぼう茶の飲み過ぎでリンの過剰摂取に至るケースは少ないものの、血液中のリンの濃度が上昇すると腎機能が低下しやすいので、腎臓に何かしらの疾患を抱えている方は注意が必要です。

 

カリウムは血圧を下げる効果を持ち合わせており、過剰摂取によるリスクはほとんどないため、ごぼう茶を飲んで定期的に取り入れるのがおすすめとなっております。

 

このように、ミネラル分もごぼう茶の中に含まれているので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を普段の生活に取り入れるべきです。

 

2013年に、iTQi優秀味覚賞で3つ星を受賞した素晴らしい製品なので、健康に不安を感じる方は一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、栄養バランスが崩れているという方は、ミネラル不足に陥っているケースが実に多く、身体に様々な弊害が生じます。

 

このサイトでご紹介しているごぼう茶を飲んでも、全てのミネラル分を補えるわけではないので、普段の食生活でバランス良く摂取していかなければならないのです。

 

日本人の方が最も不足しやすいミネラルはカルシウムだと言われており、体内で不足すると骨や歯が弱くなったり、神経過敏になったりします。

 

牛乳や小魚の中にカルシウムはたっぷりと含まれており、少しでも吸収率をアップさせるためにもビタミンDやクエン酸も同時に取り入れるようにしましょう。

 

また、亜鉛不足で悩んでいる方も実に多く、風邪を引きやすくなったり、肌荒れや味覚障害など様々な弊害があります。

 

亜鉛は細胞を作る働きを担っている重要なミネラル分なので、緑黄色野菜や牡蠣といった食品で補うべきです。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ