ごぼう茶と塩分

ごぼう茶と塩分について

味の濃い食事を摂取していると、知らず知らずのうちに塩分の過剰摂取に繋がり、血圧が上がったりむくみが生じたりと、美容と健康に大きなダメージが加わってしまいます。

 

そこで、塩分を効果的に体外に排出するためにごぼう茶が実におすすめで、この飲み物の中に含まれているカリウムが大きな効果を発揮するのです。

 

お茶の中にも含まれているカリウムは、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げるとともに、塩分の排出効果も持ち合わせているため、生活習慣病の予防に繋がります。

 

野菜や果物など、幅広い食品の中にこの栄養素は含まれているのですが、調理によって失われやすいという特徴があるため、意識してごぼう茶を飲み続けた方が良いでしょう。

 

塩分は身体に不必要という成分ではないものの、高血圧症や腎臓疾患を患ったり、喉が渇きやすくなったりするので、ごぼう茶を飲み続けるとともに、塩分が控えめな食事を送るように心掛けるべきです。

 

外食やインスタント食品に偏っている方は、自分でも気付かないうちに塩分を過剰摂取している傾向があるので、野菜や果物を意識的に食べる必要があります。

 

ごぼう茶の中には塩分を排出するカリウムだけではなく、余分な水分を吸収して排泄するイヌリンや、脂質の分解を促すサポニンも配合されているのです。

 

これらの栄養素の摂取によってダイエットをサポートし、フェイスラインや体のラインをスッキリさせることができるので、美を意識している女性の方は特に山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、普段の食事で塩分をそこまで摂取していない方でも、加工食品を食べる機会が多いという方は、知らず知らずのうちに過剰摂取になっているものです。

 

特に、外食が多い方やお酒の席では、塩分の多い食事が出ることが多いため、減塩はかなり難しいかもしれません。

 

いくらごぼう茶を毎日の生活で取り入れていたとしても、体内の全ての塩分を排出してくれるわけではないので、普段の食生活を変える努力をしなければ意味がないのです。

 

長年の間でしみ込んだ食生活を変えるのはかなり難しいですし、外食に頼ってきた一人暮らしの方が、いきなり自炊を始めるのにも無理があります。

 

それでも、自炊でなければ塩分を控えられないというわけではありませんし、外食で野菜を中心に食べる試みを行っていれば、栄養素をバランス良く摂取できるはずです。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、新陳代謝が落ちて塩分を排出する能力も衰えるはずなので、きちんと毎日の食生活を見直すようにしてください。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ