ごぼう茶とカフェイン

ごぼう茶とカフェインについて

ごぼう茶の中には、どの製品でもカフェインが含まれていないため、妊婦さんでもお子さんでも安心して飲むことができます。

 

適度なカフェインであれば、身体に良い影響が加わると言われておりますが、妊娠中に過剰摂取をすることでお腹の中の赤ちゃんに悪影響が生じるので、なるべく控えなければなりません。

 

それに、ホルモンバランスが崩れたり、体型の変化によって便秘になったりすることもあるので、ノンカフェイン飲料のごぼう茶を飲んだ方が良いのです。

 

コーヒーや紅茶、お茶といった飲み物の中にカフェインは含まれており、私たちは知らず知らずの間に体内に取り入れております。

 

1日に300mgまでのカフェインであれば、妊娠への影響はないと考えられているものの、制限をしていないとカフェインは胎盤を通りやすく、胎児の中枢神経を覚醒させて発育遅延のリスクが高くなるのです。

 

しかも、カフェインと強く結び付くタンニンが鉄分やカルシウムの吸収を妨げてしまい、妊娠中の女性はただでさえ鉄分が不足しやすいので、貧血といった症状に悩まされやすくなります。

 

このように、妊娠中の女性にとってカフェインは危険度が高いですし、摂取しなければ生きていけないというわけではないので、コーヒーや紅茶といった飲み物よりもごぼう茶を飲むように心掛けた方が良いのです。

 

もちろん、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶もノンカフェイン飲料となっており、安心して摂取していくことができます。

 

お湯を注ぐだけで飲めますし、より濃い成分を抽出するために煮出すこともできるので、一度国産の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、カフェインが含まれていないという点がごぼう茶の大きな魅力で、身体に害となる成分も除外されているはずです。

 

農薬や化学肥料が使われていないかどうか、事前に公式サイトなどで確かめて比較をしていれば、日々の健康を簡単に促すことができます。

 

とは言え、漢方の考え方では、ごぼうには子宮や卵巣を刺激する作用があると言われており、妊娠中の女性がごぼう茶を飲むことで何かしらの弊害が引き起こされるかもしれません。

 

それに、身体に良いからと言って飲みすぎていると、便秘を解消するどころか逆にお腹が緩くなって下痢になるかもしれないので、1日の摂取量には注意が必要なのです。

 

健康な方であれば特に問題はありませんが、妊娠中の女性は自分の身体に加えて赤ちゃんの身体も守っていかなければならないので、ごぼう茶を飲む前に医師に相談してみましょう。


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ