ごぼう茶の栄養素

ごぼう茶の栄養素について

ごぼう茶の中には、様々な栄養素が含まれているため、美容と健康を促せる飲み物として、多くの方から高い支持を得ております。

 

たくさんの栄養素を補給するために、毎日ごぼうを使った料理を食べるのは難しいとしても、市販で販売されているごぼう茶であれば簡単に摂取できるはずです。

 

そこで、このページでは、ごぼう茶の中に含まれている栄養素を幾つかご紹介していくので、一度参照してみてください。


サポニン

ごぼう茶の中に含まれている栄養素として忘れてはならないのがサポニンで、殺菌効果や界面活性作用を持ち合わせております。

 

サポニンが体内に入ることで余分なコレステロールや中性脂肪を吸着して体外に排出してくれるため、これがごぼう茶がダイエットに良いと言われている所以です。

 

その他にも、血管の詰まりを改善して、血液の流れをサラサラにする効能も持ち合わせているため、動脈硬化といった生活習慣病の予防にも適しているかもしれません。

 

界面活性作用と聞くと、危険なイメージがあるかもしれませんが、人体にとっては無害ですし、過剰摂取にさえ注意していれば副作用は引き起こされずに済むはずです。


イヌリン

水溶性食物繊維の一種であるイヌリンはごぼう茶だけではなく、チコリやキクイモといったキク科の植物の根に含まれており、自然界に分布が認められる成分の一つとなっております。

 

ごぼう茶の中に含まれているイヌリンが体内に入ると、腸内で善玉菌を増やすように働きかけてくれるため、腸内環境を整えて便秘を解消してくれるのです。

 

しかも、吸水性を持った栄養素なので、体内に余分に存在している水分を体外に排出し、むくみや血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

便秘にしてもむくみにしても、女性で悩まされている方は実に多いはずなので、ごぼう茶を飲んでイヌリンを取り入れた方が良いでしょう。


クロロゲン酸

ごぼう茶の中には、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も含まれております。

 

抗酸化物質のクロロゲン酸を取り入れることで、体内で発生する活性酸素を抑制してくれるのです。

 

活性酸素が体内で増えすぎると、老化やガン、生活習慣病を引き起こすリスクが増し、美容と健康に悪影響が加わってしまいます。

 

そんな時に効果を発揮するのが抗酸化物質で、偏った食生活を送っていると不足しやすいため、ごぼう茶でクロロゲン酸を補給するのがベストというわけです。

 

 

 

以上のような栄養素がごぼう茶の中には含まれており、ごぼう自体に配合されているため、どの製品に関してもほぼ一緒です。

 

特に、このサイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、品質の高いごぼうが使われており、製造方法にも気を配っているので、まずは公式サイトで詳細を確かめてみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶の栄養素」に関するページ