ごぼう茶が痛風に良い理由

 

 

痛風とはどのような病気?症状は?

痛風とはどのような病気?症状は?

頻繁に耳にする病気ではないので、痛風がどのような症状なのか想像できない人は多いのではないでしょうか。

 

痛風とはその名の通り風が吹いただけでも身体が痛くなる病気で、血液中に溶けきれない尿酸が結晶となって関節へと沈着し、発作を引き起こすのが大きな原因だと考えられています。

 

実際に痛風を患った時に、身体へとどんな症状が出るのか代表的なものを幾つか挙げてみました。

・足の親指辺りに激痛が走って一歩も動けなくなる

・片方の足の親指が真っ赤に腫れ上がっている

・手指の付け根や手首に痛みが出て日常生活に支障が生じる

・関節の痛みに加えて発熱も起きてインフルエンザと間違う

・腎臓の機能低下で尿中に赤血球やタンパクが混じる

一度経験した人でなければイメージできないほどの激痛が関節を中心に引き起こされるケースが多く、「自然に回復するだろう」と放置するのは危険ですよ。


ごぼう茶が痛風の予防に良い理由をチェック!

既に痛風の発作が引き起こされている方は、早めに病院へと受診して自分の症状に合う治療を医師の指示に従って行わなければなりません。

 

しかし、まだ発作が出ていない状態であれば、ごぼう茶を飲むことで痛風の予防に繋がるのではないかと考えられています。

 

現在では健康や美容が目的で、ごぼう茶を毎日の生活に取り入れる人が増えました。

 

食物繊維やポリフェノールなど想像以上に多くの栄養素が含まれていて、身体の内側からバランス良く補給できるのが魅力的ですね。

 

そんなごぼう茶がなぜ痛風の予防に良いのか、以下では考えられる理由を幾つか挙げてみました。

@ごぼう茶の中にはサポニンやクロロゲン酸、イヌリンやリグニンなどの栄養素が含まれている

A痛風の最大の原因である尿酸値を下げたりコレステロールを除去して血液をサラサラにしたりする

B同時に腎臓の働きを促して尿酸が溶けやすい状態を作ってくれる

C尿酸が足の親指など関節部分に蓄積される状態を未然に防げる

D痛みや腫れなどの発作が引き起こされにくい身体をキープできる

「どうせ気休めなのでは?」と考えている方は多いものの、血液をサラサラにしたり腎臓の機能を回復させたりといった効果を持っているのは紛れもない事実ですよ。

 

中性脂肪やコレステロールの数値が下がれば生活習慣病の予防にも繋がりますので、食生活が乱れている中高年以上の男性にも適しています。

 

「ごぼう茶と言ってもドラッグストアやインターネット通販で数多くの製品が販売されているからどれを選べば良いのか分からない」と悩んでいる方には、国産の高品質な素材が使われた山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

若返りの研究を行っている有名な南雲先生の監修によって登場した製品ですので、これからの生活で痛風を予防したいと考えている方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


ごぼう茶で痛風は治らないので注意!

いくらごぼう茶が健康的な飲み物でも、痛風自体を治すことはできません。

 

痛風に限らず他の病気でも同じで、あくまでも健康や美容をサポートする飲み物となっています。

 

そのため、既に関節の痛みや発熱など痛風の症状が引き起こされている方は、早めに病院を受診して専門医の診察を受けるべきですね。

 

外見的には特に分からなくても、痛風を放置していると次の病気のリスクが格段に上がります。

・肥満高脂血症

・糖尿病

・脂質異常症

・高血圧症

痛風の治療に当たって処方された内服薬を飲み続ければ良いわけではなく、尿酸値をコントロールするための生活習慣の改善も必須ですので、詳しい説明はかかりつけの医師から伺ってみてください。

 

 

 

 


「ごぼう茶と病気」に関するページ