ごぼう茶で乳腺炎を予防しよう

ごぼう茶で乳腺炎を予防しよう

胸に小さなしこりが形成され、熱を持って真っ赤になったり痛みが生じたりといった病気が乳腺炎(にゅうせんえん)で、女性の方で悩まされている方は意外と多くいらっしゃいます。

 

授乳中の女性で乳腺炎を引き起こすケースは意外と多く、痛みが出たり高熱を帯びたりと不快な症状に悩まされるこの病気は、ごぼう茶を飲むことで予防できるのです。

 

乳腺炎の治療に繋がるというわけではありませんが、ごぼう茶やたんぽぽ茶といった健康茶は血液をサラサラにする効果があり、母乳が詰まるのを防いでくれます。

 

血液をサラサラにしてくれるのはサポニンによる効能で、妊娠中の段階で毎日のようにごぼう茶を飲んでいれば母乳の詰まりが改善され、乳腺炎に悩まされる確率は下がるでしょう。

 

母乳の出が良くなれば、赤ちゃんもそれだけ吸いやすくなりますし、胸の痛みに悩まされる心配はなくなるはずです。

 

授乳中の期間はホルモンバランスが乱れやすく、更に慣れない子育てに追われてストレスを溜め込んでしまうという女性の方は多いかもしれません。

 

そのような状態に追い討ちをかけるように乳腺炎を患えば、余計に辛くなることは目に見えているので、ごぼう茶を飲んで少しでも予防を心掛けた方が良いというわけです。

 

このサイトでは、南雲医師が監修している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をご紹介しており、600円という格安の料金でお試しパックを購入できます。

 

ティーバッグタイプの製品となっており、お湯を注いだり煮出したりとお好きな方法で飲めるので、是非山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を試してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、乳腺炎の予防としてはごぼう茶を飲むのが適しておりますが、実際に症状が引き起こされてしまったら、赤ちゃんに飲ませるのが一番の対処法となっております。

 

もちろん、病院を受診して医師の指示を受けなければなりませんが、赤ちゃんにしっかりと飲ませていれば痛みは改善されるはずです。

 

ただし、乳腺炎を患っている時は、母乳が美味しくないことが多く、赤ちゃんが嫌がって飲んでくれないかもしれないので、眠たそうな時を狙って授乳するのが良いかもしれません。

 

また、普段の食事方法にも気を配らなければならず、脂っこいものはできる限り避け、和食といったカロリーの低い食べ物を中心的に摂取するべきです。

 

水分を過剰摂取し過ぎると母乳が作られすぎて、症状がどんどん悪化するかもしれないので、乳腺炎の予防のためにごぼう茶を飲むのは良いとしても、乳腺炎を患ったらごぼう茶は控えるようにしてください。


「ごぼう茶と病気」に関するページ
ごぼう茶で乳腺炎を予防しよう
ごぼう茶で糖尿病を予防しよう