【簡単!】ごぼう茶の作り方

簡単なごぼう茶の作り方について

ごぼう茶

ダイエットやアンチエイジングに効果的ということで、野菜のゴボウを使って作ったごぼう茶が女性の間で話題となっております。

 

市販品も様々なメーカーから安い料金で販売されているのですが、簡単な作り方によって手に入れることができるので、自宅で作るのも選択肢の一つです。

 

「お茶を自宅で作るのは難しいのでは?」というイメージを抱いている方は多いものの、基本的にスーパーでごぼうを買うだけなので簡単ですし、調理時間は天日干しの時間を除けば20分程度で済みます。

 

簡単な作り方で美容と健康に最適なごぼう茶を自宅で手に入れることができるため、女性だけではなく男性の方にも人気の飲み物なのではないでしょうか。

 

このページでは、どのような作り方をすれば良いのか簡単に説明しているので、興味がある方は是非一度試してみてください。

 

 

 

スーパーで泥付きのごぼうを購入しよう

まずは、お近くのスーパーで出向いて、泥付きのごぼうを購入しましょう。

 

ごぼう茶を作る場合、そのごぼうの品質によって摂取できる栄養素が変わるため、できる限り国産のごぼうを選ぶのがベストです。

 

 

ごぼうを水洗いしよう

次に、購入してきたごぼうをタワシなどを使って泥を落とし、綺麗に洗い流していきます。

 

ごぼうを使った料理をする際、皮を剥いている方が多いかもしれませんが、この皮の中にたっぷりと栄養素が含まれているので、ごぼう茶を作る場合も残しておくべきです。

 

 

ささがきにして天日干しをしよう

水洗いで泥を落としたら、ピーラーといった器具を使ってささがきの状態にして、水分が抜けるまで天日干しにします。

 

ごぼうのアクの部分に栄養分が詰まっているため、あまり水に漬け過ぎないように注意するべきです。

 

アク抜きをしないと変色が気になるかもしれませんが、栄養成分が逃げてしまうためそのまま天日干しをしていきます。

 

季節によって乾燥までにかかる時間は異なるものの、冬場でも半日間以上に渡って干していれば、しっかりと水分が抜けるはずです。

 

天日干しの作り方が面倒だと感じるのであれば、電子レンジを使って水分を飛ばすのも選択肢の一つで、ひっくり返しながら温めて均等に乾燥させるようにしてください。

 

 

フライパンで乾煎りしよう

乾燥させたささがき状のごぼうを、フライパンで乾煎りしていきます。

 

油をひかずに空煎りするのが美味しいごぼう茶を作る上でのポイントで、炒り方が甘いと生臭くなり、強火で炒め過ぎると焦げてしまうため、弱火でゆっくりと10分間程度加熱していきましょう。

 

 

急須にごぼうを入れてお湯を注げば完成

炒めたささがき状のごぼうを急須の中に入れて、その上からお湯を注げば美味しいごぼう茶の完成です。

 

1度に使用するごぼうは、カップ1杯で一つまみ程度がベストですが、濃いごぼう茶を飲みたいのであれば、もう少し量を増やしたとしても特に問題はありません。

 

 


山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲もう

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶

上記のようにごぼう茶の作り方は非常に簡単ですし、自分の飲むペースに合わせて作れるところが大きなメリットです。

 

しかし、自作のごぼう茶は賞味期限が短く、冷凍保存をしたとしても早めに飲みきらなければならないということで、市販で販売されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を購入してみるのも良いかもしれません。

 

数多くのメーカーから販売されているごぼう茶の中で、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は「30種類から選び抜いている」「国産のごぼうを使っている」「飲みやすさを重視している」という特徴があります。

 

ごぼうの中に含まれている食物繊維やポリフェノールはもちろんのこと、どの栄養素に関しても数ある野菜の中でもトップクラスなので、便秘の解消やデトックス効果を促すのに最適な飲み物なのです。

 

ノンカフェインなのでお子さんや妊娠中の女性でも安心して飲めますし、iTQi優秀味覚賞の3つ星を受賞した素晴らしい製品なので、600円という格安の料金で販売されている山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を試してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら